« 企業の半数近くがソーシャルエンジニアリングを経験 | トップページ | 「東日本大震災に乗じた標的型攻撃メールによるサイバー攻撃の分析・調査報告書」公開 »

2011年9月28日 (水)

「情報セキュリティ技術動向調査(2011 年上期)」公開

IPAセキュリティセンターから「情報セキュリティ技術動向調査(2011 年上期)」が公開されました。

情報セキュリティ技術動向調査(2011 年上期)

目次

序 2011年上期の技術動向 - 今日のセキュリティエンジニアリングの話題
1. 楕円曲線暗号の署名方式ECDSAにおける脆弱性の脅威
2. Linux Integrity Subsystemの現状
3. IPv6の配備におけるイントラネットセキュリティ
4. DNSを用いた公開鍵の配送技術 - DANE
5. Ajaxブラウザセキュリティ - 主戦場をDOMに移したXSS
6. IETFにおけるWeb 2.0 セキュリティ(Websec WG,JWT等)
7. クラウドコンピューティングセキュリティ - NISTガイドラインより
8. SCIM(Simple Cloud Identity Management)

IPv6の配備におけるイントラネットセキュリティ、IETFにおけるWeb 2.0 セキュリティ、クラウドコンピューティングセキュリティ、あたりが特に興味がありますので、あとで読んでみます。
あと、新しい「SCIM」って認証プロトコルなのかな?

|

« 企業の半数近くがソーシャルエンジニアリングを経験 | トップページ | 「東日本大震災に乗じた標的型攻撃メールによるサイバー攻撃の分析・調査報告書」公開 »

お役立ちのイベント・資料・書籍・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/42065557

この記事へのトラックバック一覧です: 「情報セキュリティ技術動向調査(2011 年上期)」公開:

« 企業の半数近くがソーシャルエンジニアリングを経験 | トップページ | 「東日本大震災に乗じた標的型攻撃メールによるサイバー攻撃の分析・調査報告書」公開 »