« 平成23年度「情報セキュリティ対策 中小企業向け指導者育成セミナー」開催 | トップページ | 人材育成セミナー「組織力向上を目指したキャリアパスとスキルの可視化」 »

2011年7月20日 (水)

個人持ちスマホの業務利用はもはや避けられない?

日経ITproの記事「個人持ちスマホの業務利用はもはや避けられない?」からです。

東日本大震災以降、スマートフォンなどの社員の個人持ちデバイスの業務利用を認めざるをえなくなっているという。
その管理策の一例として、MDM(Mobile Device Management)が挙げられています。

□MDM(Mobile Device Management)の主な機能
 ・端末の利用ポリシーを一括設定、変更
 ・端末の状況を一元管理
 ・異常状態にある端末の検知、通報機能
 ・リモート端末ロック、データワイプ、初期化
 ・位置情報取得
 ・発着信番号履歴取得
 ・デバイス利用の制限(無線LAN、カメラ、アプリケーションインストール、など)

などが、MDMで出来るわけです。

この環境変化の流れは止められません。
今まで「社内からのデータや機器の持ち出し禁止」「個人所有の機器の業務利用、社内システムへの接続禁止」というルールが多くの組織で規定されてきました。それを変えていかなければならないのです。

とにかく、禁止していたものを許可して管理するというのは、大変なことです。
現在、禁止している他のものも将来的には許可しなければならなくなる可能性は高いのです。
そう考えて、現在のルールは規定されているのでしょうか・・・。

|

« 平成23年度「情報セキュリティ対策 中小企業向け指導者育成セミナー」開催 | トップページ | 人材育成セミナー「組織力向上を目指したキャリアパスとスキルの可視化」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/40883028

この記事へのトラックバック一覧です: 個人持ちスマホの業務利用はもはや避けられない?:

« 平成23年度「情報セキュリティ対策 中小企業向け指導者育成セミナー」開催 | トップページ | 人材育成セミナー「組織力向上を目指したキャリアパスとスキルの可視化」 »