« 子供がID盗難に遭う確率は大人の50倍以上 | トップページ | 携帯電話とTwitterやSkypeとの違い »

2011年4月11日 (月)

経済産業省 サイバーセキュリティと経済研究会/情報セキュリティ人材の育成について

経済産業省「サイバーセキュリティと経済研究会」の第3回の議事要旨
と配布資料(下記参照)が公開されました。

この回のテーマは、「情報セキュリティ人材の育成について」です。
かなり多くの資料や意見が公開され、興味深く読んでいます。

その中でも、個人的に感じているのは、育成の場が少ないこと、育成する人材の不足・ミスマッチ、産学官の連携の不足・ミスマッチ、という点です。
それから、アメリカや韓国の情報セキュリティ人材の育成についての比較もされています。
本気でやっている国とそうでない国の違い、これは大きいですね。
とにかく、早く次のステップに進んでほしい。調査や検討ばかりでなく、実施のための体制の整備へ、ということです。
(そこまで、議論してほしいものです)
今年こそは、官主導でのそのような動きに期待したいのですが・・・

<公開資料>
・サイバーセキュリティと経済 研究会(第3回)‐配付資料

資料1 議事次第(PDF形式:80KB)
資料2 サイバーセキュリティと経済 研究会委員名簿(PDF形式:127KB)
資料3 人材育成:高等教育機関での取り組みのご紹介(PDF形式:1.97MB)
資料4 企業が求める情報セキュリティ人材について(PDF形式:903KB)
資料5 ハイエンド人材及び制御システム人材(PDF形式:1.75MB)

参考資料1 情報セキュリティの人材等に関するヒアリングの概要(PDF形式:287KB)
参考資料2 米国、韓国等におけるハッキングコンテストの概要(PDF形式:327KB)
参考資料3 セキュリティ&プログラミングキャンプの概要(PDF形式:420KB)
参考資料4 IT-keys概要、ICT教育推進協議会概要(PDF形式:2.22MB)
参考資料5 人材育成事業・プログラム一覧(PDF形式:86KB)
参考資料6 セキュリティ人材育成に関わるメモ(PDF形式:185KB)

|

« 子供がID盗難に遭う確率は大人の50倍以上 | トップページ | 携帯電話とTwitterやSkypeとの違い »

お役立ちのイベント・資料・書籍・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/39518439

この記事へのトラックバック一覧です: 経済産業省 サイバーセキュリティと経済研究会/情報セキュリティ人材の育成について:

« 子供がID盗難に遭う確率は大人の50倍以上 | トップページ | 携帯電話とTwitterやSkypeとの違い »