« 「安全なウェブサイトの作り方 改訂第5版」公開 | トップページ | 経済産業省 サイバーセキュリティと経済研究会/情報セキュリティ人材の育成について »

2011年4月 8日 (金)

子供がID盗難に遭う確率は大人の50倍以上

日経ITproの記事「子供がID盗難に遭う確率は10.2%、大人の50倍以上狙われやすい」からです。

この記事によると、

社会保障番号を盗用されたことがあり、最も年齢が低い被害者は生後5カ月の乳児だった。盗まれた社会保障番号は、第三者の就職、クレジットカードや銀行口座開設、住宅や自動車購入、運転免許証取得などに使われた。

(中略)

子供がID情報を盗用された場合、大人以上に大きな損害を被ることになる。使用履歴がほとんど空白の子供のID情報は犯罪者に狙われやすいが、親は子供のID情報が盗まれたことになかなか気付かない。

ふだん、(子供のものに限らず)使っていないID情報は管理されていないので、チェックされない、ということですね。
今後は、ID情報を利用する機会も増えるはずですので、注意しなければなりません。

|

« 「安全なウェブサイトの作り方 改訂第5版」公開 | トップページ | 経済産業省 サイバーセキュリティと経済研究会/情報セキュリティ人材の育成について »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/39501775

この記事へのトラックバック一覧です: 子供がID盗難に遭う確率は大人の50倍以上:

« 「安全なウェブサイトの作り方 改訂第5版」公開 | トップページ | 経済産業省 サイバーセキュリティと経済研究会/情報セキュリティ人材の育成について »