« 狙われるソーシャルネットワーク | トップページ | 「情報セキュリティ技術動向調査(2010年下期)報告書」公開 »

2011年3月 4日 (金)

「Facebookストーカー発見ツール」装うスパム

(ちょっと前の記事ですが、ここで書き忘れてましたので)ITmediaの記事「「Facebookストーカー発見ツール」装うスパムの手口発見」からです。

この記事によると、今回の手口は

「profile view」「creepers」といった言葉を含むドメインでサイトを設け、「自分のFacebookプロフィールを誰が最も閲覧しているか、何回閲覧したかが分かるツールを提供する」と宣伝する。ユーザーがサイト上のインストール手順に従って、所定のコードをWebブラウザのアドレスバーに貼り付けると、Facebookアカウントをスパムメッセージの拡散に利用されてしまう。スパムメッセージはFacebookのメッセージ機能やウォールへの投稿を介して広まり、ストーカー発見ツールの宣伝文句が書かれている。

というもの。

「誰に見られたか」というのは、やはり気になるのですね。
そして、ネットストーカーも増えているので、それも気になっているユーザーも増えているわけです。
そのような心理をよくわかっているのですね。
「誰に見られたか」は、企業のプロモーション担当者なども気になるはずですので、そのような方もターゲットになるでしょう。

facebookでは、mixiやGREEのような「あしあと」という機能はありません。
そのうち、そのような機能が追加されるような気がしますけど・・・。

|

« 狙われるソーシャルネットワーク | トップページ | 「情報セキュリティ技術動向調査(2010年下期)報告書」公開 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/39099374

この記事へのトラックバック一覧です: 「Facebookストーカー発見ツール」装うスパム:

« 狙われるソーシャルネットワーク | トップページ | 「情報セキュリティ技術動向調査(2010年下期)報告書」公開 »