« 「2010年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【上半期 速報版】」公開 | トップページ | 人材育成における課題と悩み »

2011年2月23日 (水)

英国のサイバー犯罪被害額とその対策への支出

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版「サイバー犯罪による被害額、GDPの約2%に―英国」からです。

イギリス政府が同国内のサイバー犯罪の被害額を算出したところ、270億ポンド(約3兆6000億円)で同国の国内総生産(GDP)の約2%となったようです。この直接的な経済的損失推定額は、今後も増え続ける見通し。としています。なお、被害額の4分の3を企業が占め、残りの4分の1は政府と個人が被っている、とされています。
また、キャメロン首相をはじめとする主要閣僚と経済界首脳は、サイバーセキュリティー対策改善について話し合うための会合を開いたとのことで、(昨年末、防衛費やその他支出など予算を削減するなか)、向こう4年間で新たに6億5000万ポンドをサイバーセキュリティーに充てる、としたそうです。

さて、日本の被害額とサイバーセキュリティー対策への支出は・・・。
どこかに、ばらまいている場合ではないような気がしますね。

|

« 「2010年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【上半期 速報版】」公開 | トップページ | 人材育成における課題と悩み »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/38972456

この記事へのトラックバック一覧です: 英国のサイバー犯罪被害額とその対策への支出:

« 「2010年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【上半期 速報版】」公開 | トップページ | 人材育成における課題と悩み »