« 「情報家電におけるセキュリティ対策 検討報告書」公開 | トップページ | 『次世代の情報セキュリティの在り方と今後の方策』セミナー開催 »

2011年2月 3日 (木)

IPv4アドレスの在庫がついに・・・

日経ITproの記事「[速報]IPv4アドレスの自由在庫がついに尽きる、残り5ブロックの割り振りも近日中に実施」からです。

2/1、ついにIPv4アドレスの在庫が事実上枯渇しました。

この記事によると、

 インターネットのアドレス資源を管理する組織であるIANA(Internet Assigned Numbers Authority)は2011年2月1日未明、アジア太平洋地域のIPアドレスを管理する組織のAPNIC(Internet Assigned Numbers Authority)に対して、自由に分配できるIPv4アドレスの最後の在庫である「/8ブロック」(約1678万個のIPアドレスで構成)を二つ分配した。

 これにより、IANAが管理するIPv4アドレスの在庫は/8ブロックが五つとなった。この五つについては、「APNICなど世界に五つあるRIR(地域インターネットレジストリ)に一つずつ分配し、すべての割り振りを終了する」というポリシーが既に決まっている。このポリシーに基づいて近日中に分配が実施され、IANAの在庫が枯渇する見込みだ。

とのこと。

これからは、IPv4アドレスの新規分配を受けられなくなることを前提としていかなければならないのですが・・・。
さて、日本(JPドメイン)では準備は十分だったのでしょうか。そして、対応はできるのでしょうか。

<参考記事>
「本格的IPv6時代に向けて 明日にも枯渇?IPv4がなくなったらどうなる?」~ASCII.jp

「IPv4アドレス枯渇。その意味と恐らくこれから起きること」~Geekなページ

|

« 「情報家電におけるセキュリティ対策 検討報告書」公開 | トップページ | 『次世代の情報セキュリティの在り方と今後の方策』セミナー開催 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/38696465

この記事へのトラックバック一覧です: IPv4アドレスの在庫がついに・・・:

« 「情報家電におけるセキュリティ対策 検討報告書」公開 | トップページ | 『次世代の情報セキュリティの在り方と今後の方策』セミナー開催 »