« 狙われる「情報家電」 | トップページ | 「セキュリティ担当者のための脆弱性対応ガイド」など、公開 »

2011年2月28日 (月)

入試投稿「aicezuki」事件について

Yahoo!ニュース「京大入試投稿者 携帯から質問27回 同一名で回答も」からです。

今回の事件は、携帯電話(携帯端末)からのアクセスで、試験時間中に合計27回も入試問題投稿したというもの。
事実は、これから解明されていくのでしょうが、実に不可解かつ興味深い事件です。
単純に携帯電話で打ち込んだのか?
音声認識アプリを使用したのか?
単独犯ではなく、複数犯なのか?

今回は、「ここまでは、時間的にできないだろう」ということだったと思いますが、時間的には可能であることが証明されてしまいました。
不正の手段を排除し、その防止を図っても次々に代替手段を見つけてくるわけです。
不正に対抗する側は、それらに対応した防止と検出ができねかればならないわけです。
不正(攻撃)をする者は、常に一歩先を行っているということです。

情報セキュリティのお仕事する者としては、それを忘れてはいけないと再認識させられる事件でした。
※ 不正の手口が明らかになったら、また改めてここで取り上げたいと思います。

|

« 狙われる「情報家電」 | トップページ | 「セキュリティ担当者のための脆弱性対応ガイド」など、公開 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/39045818

この記事へのトラックバック一覧です: 入試投稿「aicezuki」事件について:

« 狙われる「情報家電」 | トップページ | 「セキュリティ担当者のための脆弱性対応ガイド」など、公開 »