« セミナー 「クラウド時代に求められる情報セキュリティマネジメント」、開催 | トップページ | 新バービー人形でFBIが全米の捜査員に警告 »

2010年12月13日 (月)

ノートPC紛失のコストは1台当たり5万ドル

ITmediaの記事「ノートPC紛失のコストは1台当たり5万ドル―対策の不備が目立つ」からです。

この記事によると、

 ノートPCをなくしたことに伴う情報や知的財産の流出、生産性悪化、法的措置にかかった費用などを合わせた損失額は、1台当たりの平均で4万9246ドル、8万6455台の合計では21億ドルに達した。

 なくした原因は「単純な紛失」が60%を占め、「盗難」は25%、「盗難の疑い」は15%だった。なくした場所は自宅、他社の会議室、ホテルなどの社外拠点が43%で最も多く、空港、列車、タクシーといった交通機関は33%、自社の社内が12%を占めた。置き忘れたり盗まれたりしたPCが戻ってきたのは5%のみだった。

 なくなったPCのうち46%には機密情報が保存されていたが、このうちHDDが暗号化されていたのは30%にすぎず、71%はデータのバックアップを取っていなかった

とのこと。

紛失の原因、場所、HDDが暗号化されていた場合とそうでない場合の被害・損失、というデータとあわせて、相関的に分析すると傾向がわかりそうですね。

|

« セミナー 「クラウド時代に求められる情報セキュリティマネジメント」、開催 | トップページ | 新バービー人形でFBIが全米の捜査員に警告 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/38000539

この記事へのトラックバック一覧です: ノートPC紛失のコストは1台当たり5万ドル:

« セミナー 「クラウド時代に求められる情報セキュリティマネジメント」、開催 | トップページ | 新バービー人形でFBIが全米の捜査員に警告 »