« チリ鉱山の救出で思ったこと | トップページ | 情報処理技術者試験(秋期) »

2010年10月15日 (金)

量子暗号の試験運用がスタート

ITmediaの記事「量子暗号の試験運用がスタート テレビ会議の盗聴防止を実証」からです。

いよいよ試験運用が始まるのですね。

さて、この量子暗号の技術とは、

量子暗号技術は、量子鍵配送による秘密鍵の共有とそれを用いたワンタイムパッド暗号化で構成される。量子鍵配送では、送信者が光子を変調して伝送し、受信者は届いた光子の状態を検出する。盗聴の可能性のあるビットを排除することで、送受信者間で安全な秘密鍵を共有する仕組みとなる。

というもの。

特に、国家間の機密通信や社会インフラシステムの保護などの分野での利用を目指しているようです。
理論上では「盗聴が不可能」とされる量子暗号ですが、果たして試験運用の結果は・・・

|

« チリ鉱山の救出で思ったこと | トップページ | 情報処理技術者試験(秋期) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/37231871

この記事へのトラックバック一覧です: 量子暗号の試験運用がスタート:

« チリ鉱山の救出で思ったこと | トップページ | 情報処理技術者試験(秋期) »