« Google、Street View車両で、メールやパスワード情報なども取得 | トップページ | スパムメール送信、1日に500億通 »

2010年10月28日 (木)

「.com」サイトの3つに1つが危険サイト

ITmediaの記事「「.com」サイトの3つに1つが危険サイト 日本にも潜在的リスク」からです。

Webサイトの安全性をドメイン別に調査した報告書についての記事ですが、

汎用ドメイン別では、「.com」サイトの31.3%に、「.info」の30.7%に危険サイトが含まれていることが分かった。一方、安全なドメインは「.travel」(旅行)と「.edu」(教育)で、危険サイトが含まれる割合はともに0.05%以下だった。

国別ドメインでは、ベトナムの「.vn」が前年の39位から急上昇し、危険サイトが含まれる割合が29.4%に上った。前年に最も危険とされたカメルーンの「.cm」は2位で、危険サイトの割合は36.7%から22.2%に減少している。日本の「.jp」に含まれる危険サイトの割合は0.1%で、2年連続で最も安全だと評価している。以下はカタロニア「.cat」、ガーンジー島「.gg」、クロアチア「.hr」、アイルランド「.ie」で、割合はいずれも0.1%となっている。

という結果のようです。

「.jp」はセキュア、と言えそうです。
しかし、この記事の結びにもあるとおり「国内には「.com」ドメインを持つWebサイトが多数存在し、国内ユーザーは「.com」の危険サイトとは無関係ではない」と考えなくてはなりません。

それにしても、危険なサイトはそこらじゅうに、普通に存在しているということか・・・
それから、「.com」と「.cm」も似てますよね。

|

« Google、Street View車両で、メールやパスワード情報なども取得 | トップページ | スパムメール送信、1日に500億通 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/37412280

この記事へのトラックバック一覧です: 「.com」サイトの3つに1つが危険サイト:

« Google、Street View車両で、メールやパスワード情報なども取得 | トップページ | スパムメール送信、1日に500億通 »