« 「.com」サイトの3つに1つが危険サイト | トップページ | 「PCI DSS v2.0」 翻訳版公開 »

2010年10月29日 (金)

スパムメール送信、1日に500億通

YOMIURI ONLINEの記事「世界中に1日500億通!迷惑メール業者摘発」からです。

モスクワ市内にある世界最大級の迷惑メール業者「スパムイット」が摘発されたようです。
この記事によると、「バイアグラの模造品などの購入を呼びかけ、地元紙によると米欧などで過去3年半に1億2000万ドル(100億円)強の売り上げをあげた。調べによると、スパムイットを経営するイーゴリ・グセフ容疑者(31)は電子メールに含まれたウイルスで利用者のコンピューターを感染させるなどの手段で、1日に500億通もの広告メールを世界中に送り付けていた」とのこと。

1日に500億通の送信、3年半で焼く100億円の売り上げとは、恐るべき数字です。
ただ、これも「ボットネット」というインフラがなければ、送信もできず売り上げもないということですよね。

|

« 「.com」サイトの3つに1つが危険サイト | トップページ | 「PCI DSS v2.0」 翻訳版公開 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/37426793

この記事へのトラックバック一覧です: スパムメール送信、1日に500億通:

« 「.com」サイトの3つに1つが危険サイト | トップページ | 「PCI DSS v2.0」 翻訳版公開 »