« 「ウイルス作成罪」成立? | トップページ | 「暗号検定」はじまる »

2010年9月16日 (木)

「IPv6 Summit 2010」

「IPv6 Summit 2010」の開催が告知され、参加申し込みが始まっています。

■□ 開催概要 □■
1.名 称:IPv6 Summit 2010
2.テーマ:IPv6の現在と未来
3.開催日時:2010年10月8日(金) 10:00~17:30(受付開始:9:30)
4.参加費:無料
5.主 催:財団法人インターネット協会 (IAjapan)
            IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース
6.運 営:株式会社イーサイド
7.定 員:500人
8.会 場:慶應義塾 日吉キャンパス協生館
            藤原洋記念ホール

■□ プログラム(予定) □■

10:00-11:00  「IPv6/IPv4変換技術の現状」
11:00-12:00  「IPv4アドレス共有技術詳細」
12:00-13:30  休憩
13:30-13:45  開会挨拶
13:45-15:20 「IPv6時代に向けての現状」
15:20-15:30  休憩
15:30-17:20  パネルディスカッション
   「本格的IPv6利用時代に向けて」~IPv6時代のセキュリティ~
17:20-17:30  閉会挨拶

ちなみに、私は「IPv6 Summit 2009」には参加しました。
さて、今年は参加できるのか。
まず、日程が「情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢」と重なっています。
どちらに参加するのか、参加できるのか。(どっちにもできなかったりして)

「IPv6時代に向けての現状」「IPv6時代のセキュリティ」あたり、特に気になりますね。

|

« 「ウイルス作成罪」成立? | トップページ | 「暗号検定」はじまる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/36764060

この記事へのトラックバック一覧です: 「IPv6 Summit 2010」:

« 「ウイルス作成罪」成立? | トップページ | 「暗号検定」はじまる »