« 真のプロフェッショナル、10の心得 | トップページ | 「ウイルス作成罪」成立? »

2010年9月14日 (火)

ネットでのぼったくられ経験17%

Computerworldの記事「Webユーザーの17%がネット上で「ぼられた」経験あり」からです。

年齢的にも特徴があるようで、「55歳から64歳までの英国人は、それ以下の年齢のユーザーより被害を受ける割合が低く、Web上で「ぼったくり」に遭ったと答えたのはわずかに12%だったと述べている。一方、18歳から24歳までの年齢層では、20%がそうしたトラブルに巻き込まれているという」と記事にあります。「人生経験が豊富なほうがだまされない」という結果に見えますが、そうとも結論付けられない気がします。

それから、この数字が多いのかどうかは、ネットではなくリアルな世界でのぼったくりにあった経験と比較しないと、実感がないですね。

またこの記事では「Webユーザーの3人に1人は、オンライン上で出会った人物をGoogleなどの検索エンジンや「Facebook」をはじめとするソーシャル・ネットワークを使って調べたことがあるという」とあります。
ネットで信用調査をしているのか、それとも興味本位で検索しているのか・・・
とにかく、悪いことはできませんね。

|

« 真のプロフェッショナル、10の心得 | トップページ | 「ウイルス作成罪」成立? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/36721488

この記事へのトラックバック一覧です: ネットでのぼったくられ経験17%:

« 真のプロフェッショナル、10の心得 | トップページ | 「ウイルス作成罪」成立? »