« 日本のネット安全性は世界で第3位 | トップページ | 「デジタル複合機の脆弱性に関する調査報告書」公開 »

2010年8月31日 (火)

「出会い系」詐欺の日本と海外の違い

ITmediaの記事「出会い系」詐欺の日本と海外の違い、日本人女性の被害も発生
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1008/27/news068.html
からです。

日本と海外では、出会い系スパムによる詐欺の手口が違うようです。

 出会い系スパムは、1日に流通する迷惑メール全体の4%(約10億通)を占める。海外から送信された出会い系スパムによって、日本人が詐欺犯罪に巻き込まれたケースも報告されているという。

 日本で見られる出会い系スパムの特徴は、迷惑メールを通じて受信者を出会い系サイトに誘導する、もしくは受信者が登録した出会い系サイト自体が詐欺犯罪を行う点である。出会い系サイトが詐欺を行う場合、相手を紹介するとうたって受信者に金銭を支払わせる。

 一方、海外の出会い系詐欺ではWebサイトを通じて犯罪者が登録者に接近し、電子メールでのやりとりなどを通じて親密な関係を築き、登録者に「交際している」という錯覚を起こさせて金銭をだまし取る。

日本では「紹介する」と言ってだましているようですが、海外だと接触した人間が金銭を騙し取ろうとするようです。
今後は、海外のような手口も増えてくるのではないか、と個人的には考えております。

|

« 日本のネット安全性は世界で第3位 | トップページ | 「デジタル複合機の脆弱性に関する調査報告書」公開 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/36443066

この記事へのトラックバック一覧です: 「出会い系」詐欺の日本と海外の違い:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 00時46分

« 日本のネット安全性は世界で第3位 | トップページ | 「デジタル複合機の脆弱性に関する調査報告書」公開 »