« 「ウイルス作成罪」創設へ | トップページ | クラウド・セキュリティの認定資格「CCSK」 »

2010年8月10日 (火)

「情報ロンダリング」

ITmediaの記事「ボットネット“ビジネス”のからくり、専門家が解説」からです。

さて、その「情報ロンダリング」の仕組みとは、

 ボットネットは、スパムや偽セキュリティソフトなど、各種のサイバー犯罪にかかわっている。だが今日、捜査当局に気づかれる可能性が低いわりに大きなもうけを狙える最有力候補といえば、「個人情報ロンダリング」だという。

 「個人情報ロンダリングとは、ボットネットの感染マシンから入手できる個人情報をすべて盗み取り、グレーマーケットや合法サイト、合法サービスを通して、その情報を洗浄するという仕組みだ。こうしたサイトやサービスは、その情報を買い取り、それを合法な企業に転売する。この洗浄プロセスを通じて、ボットネット運営者は0.1セントの情報を30セントに変えられる。しかも、その情報は合法な組織によって消費される。見込み客獲得のための既存のリードアフィリエイトプログラム(リードジェネレーションプログラムとも呼ばれる)を使えば、情報1件当たり最大20ドルを稼ぐことも可能だ。だが、最も重要なのは、被害者に気づかれる可能性が事実上ゼロであり、いろいろな意味で、金融詐欺が記録にとどめられることはないという点だ」。

とのこと。(ここでは「個人情報ロンダリング」となっていますが、「情報」全般的に当てはまることだと考えます)
ロンダリング(洗浄)されるのは、マネー(お金)だけではなくなっているということですね・・・

|

« 「ウイルス作成罪」創設へ | トップページ | クラウド・セキュリティの認定資格「CCSK」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/36096987

この記事へのトラックバック一覧です: 「情報ロンダリング」:

» セキュリティソフトの比較ガイド [セキュリティソフトの比較ガイド]
セキュリティソフトについて解説したサイトです。よろしかったらご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010年9月 6日 (月) 10時19分

« 「ウイルス作成罪」創設へ | トップページ | クラウド・セキュリティの認定資格「CCSK」 »