« 「クラウドコンピューティングと日本の競争力に関する研究会」報告書、公表 | トップページ | 「情報セキュリティ ワークショップ in 越後湯沢」 »

2010年8月18日 (水)

「eIDに対するセキュリティとプライバシに関する認知と受容の調査報告書」 公開

IPAセキュリティセンターのプレス発表「インターネット上のサービスにおけるプライバシについての調査結果を公開」からです。

この調査報告書は「インターネット上のサービスにおいて利用者の識別に用いられる電子的な識別子(以下eID)に関し、2009年度に実施した調査をもとに、セキュリティ問題やプライバシ侵害などのリスクに対する利用者の考え方を分析・明確化」したものとのことです。

EUの調査との比較がされていますが、その結果として「日本人のプライバシ侵害を自身で防ぐ意識の低さが判明」とまとめられています。
日本人の国民性として「他力本願」というような感じの調査報告になっています。
リアルな世界では「治安がいい」とされている国だけに、確かに「自身で防ぐ」という意識は低いのかも。
「サイバーな世界では、違うんだよ」という普及啓蒙が必要なんでしょうね。

<報告書>
「eIDに対するセキュリティとプライバシに関する認知と受容の調査報告書」

|

« 「クラウドコンピューティングと日本の競争力に関する研究会」報告書、公表 | トップページ | 「情報セキュリティ ワークショップ in 越後湯沢」 »

お役立ちのイベント・資料・書籍・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/36197613

この記事へのトラックバック一覧です: 「eIDに対するセキュリティとプライバシに関する認知と受容の調査報告書」 公開:

« 「クラウドコンピューティングと日本の競争力に関する研究会」報告書、公表 | トップページ | 「情報セキュリティ ワークショップ in 越後湯沢」 »