« 「マネージドセキュリティサービス(MSS)選定ガイドライン」公開 | トップページ | 「出会い系」詐欺の日本と海外の違い »

2010年8月30日 (月)

日本のネット安全性は世界で第3位

ITmediaの記事「日本のネット安全性は世界で第3位 最も危険なのはトルコ」からです。

この調査とデータは「同社のウイルス対策ソフトがインストールされている、世界144カ国の1億2700万台のPCのデータに基づいて行われた。期間は7月の最終週の7日間。ウイルス対策ソフトが検知・対処した攻撃の数から換算した」ということ。

世界のネット接続安全性に関する国別ランキングでは、「日本は世界で3番目に安全にWebを利用できる国」らしい。ちなみに1位がアフリカのシエラレオネ(696人に1人)、2位は同じくアフリカのニジェール(442人に1人)、3位が日本(404人に1人)。最下位は、トルコだそうです。

日本が上位の理由として「日本のユーザーが安全とリスクについての意識が高い」とされているんですが、順位もこの理由もあまりしっくりこないんだよなぁ・・・ 

|

« 「マネージドセキュリティサービス(MSS)選定ガイドライン」公開 | トップページ | 「出会い系」詐欺の日本と海外の違い »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/36382763

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のネット安全性は世界で第3位:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年8月30日 (月) 00時43分

« 「マネージドセキュリティサービス(MSS)選定ガイドライン」公開 | トップページ | 「出会い系」詐欺の日本と海外の違い »