« セキュリティルールの浸透させるには | トップページ | 国内企業のIT投資、2010年も減少 »

2010年7月 9日 (金)

マルウェアの大部分は「使い回し」

ITmediaの記事「増え続けるマルウェア、大部分は「使い回し」」からです。

この記事によると「マルウェアの流通量が増加の一途をたどっている」とのこと。
しかし、新種が続々作られ、ネットの中にばら撒かれているということでもないらしい。
いわゆる亜種・変種が続々作られ、ばら撒かれているってことなんですね。

この記事には「これは既存のマルウェアが現在でも通用するため、新しいものをわざわざ作る必要がないからだ」というコメントも。
つまり、これが最大の原因なんですよね・・・

|

« セキュリティルールの浸透させるには | トップページ | 国内企業のIT投資、2010年も減少 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/35679984

この記事へのトラックバック一覧です: マルウェアの大部分は「使い回し」:

« セキュリティルールの浸透させるには | トップページ | 国内企業のIT投資、2010年も減少 »