« 「2009年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」公開 | トップページ | SNS禁止の企業が減少、だが・・・ »

2010年7月 5日 (月)

“うっかりミス”でも、処罰の対象に?

ITmediaの記事「情報管理の“うっかりミス”でも大半の企業が処罰の対象に」からです。

この記事によると、“うっかりミス”、つまり過失でも「7割以上の企業が処分対象にしていた」とのこと。
その効果については、どうやら調査していないようで結果は出ていませんが、あまり効果は出ていないんじゃないかと思います。
過失の抑止や再発防止が、処罰だけでできるものではないからです

処分をする、ということで管理している、という納得感を得ているだけだったり、他の方法が発想できない(発想する気もない)ということだったりはしないんでしょうか。

と、この記事を読んでそんなことが気にかかりました。

|

« 「2009年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」公開 | トップページ | SNS禁止の企業が減少、だが・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/35636597

この記事へのトラックバック一覧です: “うっかりミス”でも、処罰の対象に?:

« 「2009年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」公開 | トップページ | SNS禁止の企業が減少、だが・・・ »