« 「情報通信技術者合同会議2010」開催 | トップページ | クリックジャッキング対策 »

2010年7月29日 (木)

「IPv6技術検証協議会」設立

MicrosoftのHP「IPv6技術の安全性、相互運用性を検証する「IPv6技術検証協議会」を設立」からです。

さて、このリリースによると、

 IPv6の使用については、これまで相互接続性確認、プロトコル検証などの基礎的な範囲での検討を「IPv6普及・高度化推進協議会」が中心となって実施してきましたが、IPv6の具体的な利活用を想定したセキュリティ機能、実装手法、性能評価などに関わる実環境検証については、多くの検討の余地を残しています。

 今後ますますIPv6の利用が進む状況の中で、IPv4/IPv6の併用、IPv6への移行を見据えたIPv6ネットワーク環境において、どのようなリスクが内在し、そのための技術的対策をどのように考えるべきかという調査研究により、これまでIPv4で培った安心・安全技術の知見を活かしつつ、IPv6における新たな脅威の発掘、対策の確立が望まれます。こうした背景により、通信、ネットワーク、セキュリティ、ハードウェア、ソフトウェア関連の10社・団体が発起人となり、IPv6技術検証協議会を設立し、IPv6利用環境における安全で安定したIT環境の実現を目指し、特にセキュリティ分野を中心とした技術検証を推進します。

というのが設立の目的、活動の方針らしいです。

IPv6というと、「アドレス枯渇問題を解決するんだよね」「移行といっても、IPv4互換の機器を使えばいいんだろう」というような安易な対応だけ考

えられている方がいらっしゃったりします。
その他にも、多くの課題があるんだよ、という啓蒙活動がまず必要なんでしょうね。

<関連記事>
「IPv6セキュリティの課題を検証する「IPv6技術検証協議会」が発足」~日経ITpro

|

« 「情報通信技術者合同会議2010」開催 | トップページ | クリックジャッキング対策 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/35931931

この記事へのトラックバック一覧です: 「IPv6技術検証協議会」設立 :

« 「情報通信技術者合同会議2010」開催 | トップページ | クリックジャッキング対策 »