« 日本クラウドセキュリティアライアンス、設立 | トップページ | 人間をコンピューターウイルスに感染させる実験 »

2010年5月31日 (月)

クラウド・セキュリティへの信頼感が上昇?

COMPUTER WORLDの記事「ITマネジャーのクラウド・セキュリティへの信頼感が上昇? セキュリティを懸念する声は全体の25%にとどまる」からです。

この記事よると、

 360°ITの調査では、クラウド・コンピューティングによってセキュリティが低下すると回答したITマネジャーは、全体の25%にとどまった。

 英国CloudOriginのCEOを務めるクラウド・コンピューティングの専門家リチャード・ホール(Richard Hall)氏は、「企業がITシステムをクラウドに移行する動きが進んでいるが、セキュリティの低下にはつながらない」と指摘している。

 「私は数十年にわたってフォレンジックと予防対策の観点から、銀行業界と政府機関のITセキュリティを調査してきた。その経験から見て、セキュリティ侵害やデータ流出の多くは、内部統制の弱点に起因していることがすでに明らかになっている」と、同氏は、360°ITのブログで述べている。

とのこと。

信頼感が上昇、というよりは、不安が解消されてきた、という感じがします。
信頼感と安心感は、もちろん別ものですが、どうもその辺の区別がされていないユーザーが多いように感じます。
本来、安心感は信頼感によりもたらされるはずです。
どうすれば信頼できて、何によってそれが評価・確認出来るのか、その辺が欠落したまま、安心してもらわないで欲しいものです。

ところで「セキュリティ侵害やデータ流出の多くは、内部統制の弱点に起因していることがすでに明らかになっている」というコメント、個人的にかなり納得・・・

|

« 日本クラウドセキュリティアライアンス、設立 | トップページ | 人間をコンピューターウイルスに感染させる実験 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/34902024

この記事へのトラックバック一覧です: クラウド・セキュリティへの信頼感が上昇?:

« 日本クラウドセキュリティアライアンス、設立 | トップページ | 人間をコンピューターウイルスに感染させる実験 »