« 【SSCP資格ガイド 第4回】「分析とモニタリング」ドメインで求められる知識/スキル | トップページ | 情報セキュリティの標準化動向(ISO/IEC27000シリーズ)、おまとめ »

2010年3月 4日 (木)

電子メールソフトのセキュアな設定

JPCERT/CCのHP「電子メールソフトの設定に関する説明」からです。

電子メールの利用者が自分の身を護るための最低限の設定や確認事項」が、以下の7つの項目で挙げられています。

1.受信メール一覧で表示される情報の拡張
2.送信者のアドレス表示
3.S/MIME及びPGP対応
4.迷惑メールフィルタ
5.HTMLメールの取り扱い
6.送信メールの形式
7.開封確認対応

S/MIMEなどがその典型ですが、結局メールソフトごとに実装や設定が違ってくるんですよね。
ここで説明されている項目は、いわばメールソフトを使うための「リテラシー」的なもののはずなんですが、このような事情でなかなか理解が進まず、セキュアな設定や利用ができないのだと思っています。

|

« 【SSCP資格ガイド 第4回】「分析とモニタリング」ドメインで求められる知識/スキル | トップページ | 情報セキュリティの標準化動向(ISO/IEC27000シリーズ)、おまとめ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/33606500

この記事へのトラックバック一覧です: 電子メールソフトのセキュアな設定:

« 【SSCP資格ガイド 第4回】「分析とモニタリング」ドメインで求められる知識/スキル | トップページ | 情報セキュリティの標準化動向(ISO/IEC27000シリーズ)、おまとめ »