« 情報セキュリティEXPOで講演します | トップページ | 偽ウイルス対策ソフトのビジネスが急成長 »

2010年3月19日 (金)

「IPv6によるインターネットの利用高度化に関する研究会」第二次中間報告書

総務省のプレスリリース「「IPv6によるインターネットの利用高度化に関する研究会」第二次中間報告書の公表及び「ISPのIPv4アドレス在庫枯渇対応に関する情報開示ガイドライン」(案)に対する意見募集」からです。

「IPv6によるインターネットの利用高度化に関する研究会」(つまり、IPv4アドレス枯渇問題に伴なうIPv6の利用を促進するための研究会、ってことですね)の報告書とガイドラインが公開されています。

ちなみに、この報告書で情報セキュリティ確保の必要性としては、「NATを介さない直接通信が可能になり、情報セキュリティ上の脅威が高まる可能性がある」とあります。
技術や利用環境が変われば、セキュリティも変わる、ということですね。

<参考資料>
「IPv6によるインターネットの利用高度化に関する研究会 第二次中間報告書」

 -参考資料
 -概要版

「ISPのIPv4アドレス在庫枯渇対応に関する情報開示ガイドライン」(案)

|

« 情報セキュリティEXPOで講演します | トップページ | 偽ウイルス対策ソフトのビジネスが急成長 »

お役立ちのイベント・資料・書籍・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/33787832

この記事へのトラックバック一覧です: 「IPv6によるインターネットの利用高度化に関する研究会」第二次中間報告書:

« 情報セキュリティEXPOで講演します | トップページ | 偽ウイルス対策ソフトのビジネスが急成長 »