« 年末年始のセキュリティ事故予防策 | トップページ | クラウドセキュリティのガイダンス第2版、公開 »

2009年12月19日 (土)

検索サイトのキャッシュにマルウェア

ITmediaの記事「検索サイトのキャッシュにもマルウェアの危険」からです。

このリスクは「マルウェアに感染したサイト本体がダウンしている場合でも、検索で表示されるキャッシュに不正コードがそのまま残っていることがある」というもの。
そして「キャッシュには、サイトに仕込まれた隠しiFrameも含めてページのコンテンツが正確に反映され、偽ウイルス対策ソフトの配布ページにユーザーをおびき寄せる仕掛けも生きていた」ということです。

このテのマルウェアは、ウイルス対策ソフトでの検出も難しいということで、検索サイトのキャッシュにも注意が必要ということですね。
ほんとに、現在のインターネットはいつどこで感染するか分からない地雷原といえそうです。

|

« 年末年始のセキュリティ事故予防策 | トップページ | クラウドセキュリティのガイダンス第2版、公開 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

インターネットをもっと安全で便利なものにしていきたいですね!


という訳で、その第一歩となるべく、今日は日本教育会館に出撃いたします!
(4回目、、、苦笑)

投稿: Frantz von Marinedolf | 2009年12月20日 (日) 06時15分

Frantz von Marinedolfさん

よい結果が出ることを、陰ながらお祈り申し上げております!

投稿: Hase | 2009年12月21日 (月) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/32656269

この記事へのトラックバック一覧です: 検索サイトのキャッシュにマルウェア:

« 年末年始のセキュリティ事故予防策 | トップページ | クラウドセキュリティのガイダンス第2版、公開 »