« スパム・ボットが「つぶやき」を自動送信 | トップページ | セキュリティの教育ネタ(1) 暗号① »

2009年11月13日 (金)

顧客情報流出で実刑判決

日経ITproの記事「元システム部社員に実刑判決、三菱UFJ証券の顧客情報流出」からです。

 三菱UFJ証券の顧客情報約148万人分を不正に取得したなどとして、不正アクセス禁止法違反と窃盗の罪に問われた同社システム部の部長代理だった元社員(4月8日付で懲戒解雇処分)に対する判決公判が2009年11月12日、東京地裁(江見健一裁判官)で開かれた。同地裁は「会社や周囲の社員の信頼を裏切り、内部からの犯行は悪質。刑事責任は重大」などとして、元社員に懲役2年の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、元社員は2009年1月26日、別の従業員のIDとパスワードを使用して顧客情報を管理するサーバーに不正にアクセスして顧客情報を取得。2月4日に顧客情報約148万人分を記録したCD-R1枚を持ち出して盗んだ。また、3月22日には約4439万円相当の企業概要情報を記録したCD-R2枚を持ち出して盗んだ。

 江見裁判官は、元社員の不正アクセス行為について「特定端末を長時間利用しないようにして怪しまれないようにして発覚を防ごうとするなど、知識を悪用した」と指摘。また、秘密保持しなければならない顧客情報や企業概要情報を売却目的で盗んで流出させた点を「相応の考慮をすべき」と判断した。流出した顧客情報については、「勤務先や年収など高度のプライバシーが記載されており、金額に換算するのは困難」と言及し、CD-R1枚分の価値(65円相当)として評価できないとした。

ということで、実刑判決になりましたね。
法律そのものやその解釈の問題もあり、2年という量刑は軽いようにも思いますが、実刑になったということ自体が大きいと思います。

特に「流出した顧客情報については、「勤務先や年収など高度のプライバシーが記載されており、金額に換算するのは困難」と言及し、CD-R1枚分の価値(65円相当)として評価できない」という判断の部分が重要だと思います。
以前ですと、「情報は盗まれてもメディアの価値(=CD-R1枚分の価値(65円相当))」などと言われてましたので・・・

|

« スパム・ボットが「つぶやき」を自動送信 | トップページ | セキュリティの教育ネタ(1) 暗号① »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/32194167

この記事へのトラックバック一覧です: 顧客情報流出で実刑判決:

» 懲戒解雇からの再就職 [解雇と再就職と]
懲戒解雇という、いわば処罰を受け職を失ってしまっても、再就職して収入を得なければ生活していくことができません。しかし、一般には懲戒解雇されてしまうと再就職はできない、もしくは難しいと言われています。前職の退職理由が懲戒解雇と記入されていれば、一体どんな不祥事をしでかしたのか、不祥事を起こした人間を採用しても良いものなのか、人事採用担当者でなくとも考えてしまうところでしょう。懲戒解雇から再就職するために大切... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 23時48分

« スパム・ボットが「つぶやき」を自動送信 | トップページ | セキュリティの教育ネタ(1) 暗号① »