« 「脆弱性対応意思決定支援システムの有効性検証報告書 日本語版」公開 | トップページ | 「MACtimeからわかるファイル操作 (Version 1)」公開 »

2009年11月 4日 (水)

地下経済の調査報告書「アンダーグラウンドエコノミー」

ZDNetの記事「DDoS攻撃の価格は1時間あたり1300円~2万円--G Data、地下経済を調査」からです。

地下経済の調査報告書「アンダーグラウンドエコノミー」が公開されています。

なぜ、このようなビジネスが成り立つのか、動機となるのか、それを知るための重要な資料ですね。
実に興味深い・・・

報告書によれば、PCを感染させるサービスを提供する事業者も存在するという。価格は感染したPCの所在国別で値付けされており、人気が高いのは西欧、北米、オーストラリア。一例として、英国が1000台あたり240ドル、米国が同160ドル、カナダが同220ドルとされ、アジアは同32ドルだった。こうしたサービスに加え、昨今はボットネットを1000台単位で提供する業者も現れているとされ、DDoS攻撃は1時間あたり最低10ユーロ(約1330円)~最高150ユーロ(約2万円)で売買されているという。

|

« 「脆弱性対応意思決定支援システムの有効性検証報告書 日本語版」公開 | トップページ | 「MACtimeからわかるファイル操作 (Version 1)」公開 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/32035336

この記事へのトラックバック一覧です: 地下経済の調査報告書「アンダーグラウンドエコノミー」:

« 「脆弱性対応意思決定支援システムの有効性検証報告書 日本語版」公開 | トップページ | 「MACtimeからわかるファイル操作 (Version 1)」公開 »