« サイバー攻撃源の逆探知システム | トップページ | MyJVN 脆弱性対策情報収集ツール、公開 »

2009年11月30日 (月)

企業における情報セキュリティ実態調査2009

NRIセキュアのHPで「企業における情報セキュリティ実態調査2009」が公開されています。

この調査の質問は、以下の8つのカテゴリーです。

1.情報セキュリティに対する取り組み
2.情報セキュリティ対策製品・ツールの利用状況
3.私有PCの業務利用における情報セキュリティ
4.社内および社外との通信に関する情報セキュリティ
5.情報セキュリティに関する法律・基準等への対応
6.最近のIT動向に関する情報セキュリティ
7.情報セキュリティに関する事件・事故や内部者による犯行
8.情報セキュリティ対策に関する投資

全体的な感想としては、情報セキュリティ対策がそれほど進んでいなさそうだ、ということと、投資は(やはり)減少傾向だということ。
「景気が景気だから・・・」ということなんでしょうが、そこで投資を控えるということで、負の連鎖(デフレ・スパイラル)に陥る企業が増えそうな気がしております。

それから(現在の事業仕分けもそうですが)、回答する側に「コスト」と「投資」の区別がちゃんとついているのかな、というのが気になったりしています。

<参照資料>
「2009年度 情報セキュリティに関するアンケート」質問票

単純集計結果

|

« サイバー攻撃源の逆探知システム | トップページ | MyJVN 脆弱性対策情報収集ツール、公開 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/32419124

この記事へのトラックバック一覧です: 企業における情報セキュリティ実態調査2009:

« サイバー攻撃源の逆探知システム | トップページ | MyJVN 脆弱性対策情報収集ツール、公開 »