« セキュリティの教育ネタ(1) 暗号① | トップページ | 「論理的思考」について考える(2) »

2009年11月17日 (火)

「論理的思考」について考える(1)

最近ちょっと「論理的思考」とか「コンピテンシー」について考えなければならない機会があったので、忘れないうちに自分の考えを書いてみたいと思います。

同じような「論理的思考」をして話しても「論理的でわかりやすい」、「理屈っぽい」と違う評価をされることがあります。
その違いがどこなのか、それが重要だと思っています。

「論理的思考」とは「手段」に過ぎないわけで、それを使い間違えるということがまずその原因でしょう。
最終的にどういうアウトプットにするのか、それにより「論理的思考」のための「道具(ツール)」も変える必要があるはずです。

何でもかんでも、同じ「道具(ツール)」というのは「論理的思考」になっているのでしょうか。
たとえば、どんなときでも「MCSE」などの「ロジックツリー」にする人、「マインドマップ」にまとめる人、など。

以前に「自分の考えをわかりやすくまとめてみました」と言って、A3サイズに小さなフォントで印刷された「マインドマップ」を渡されたことがあります。「これが、最終アウトプットとは・・・」と驚いたことがあります。しかも、その内容は私は理解できませんでした。

「手段」「道具(ツール)」でまとめることは、最終的な目的ではないはずです。
そこを間違えると「論理的思考」もそのメソッドも台無しですね。

|

« セキュリティの教育ネタ(1) 暗号① | トップページ | 「論理的思考」について考える(2) »

プロフェッショナルスキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/32244568

この記事へのトラックバック一覧です: 「論理的思考」について考える(1):

« セキュリティの教育ネタ(1) 暗号① | トップページ | 「論理的思考」について考える(2) »