« 「デジタル犯罪コンソーシアム」 | トップページ | 情報処理技術者試験の平成21年度秋期試験 »

2009年10月18日 (日)

逆転無罪判決でWinny増加

@ITの記事「逆転無罪判決でWinnyノードはやや増加」からです。

10月14日に発表された、日本国内におけるP2Pフソフトのノード数の推移についての記事です。

 Winnyのノード数は、判決日当日の10月8日で27万5841ノードに上っており、その前後も26万から29万台で推移している。ノード数が増加する週末と重なっていることもあるが、9月の平均が20万5235ノードであったのに比べると、やや増加が見られる。

<中略>

 なおShareについては、今回の判決に影響されたような動きは特に見られなかった。また、2009年3月以降観測を開始したPerfect Darkでは、常に右肩上がりでノード数が増加しており、今後最も警戒が必要なP2Pファイル共有ソフトウェアだとしている。

この反応は、ある程度は予想できましたけど。
「(P2Pソフト)使うな」は、ソフトの違法性とかそういう問題だと誤解して「無罪なら、使っていいんだ」などという人もいるんでしょうか。
もちろん、判決とP2Pソフトのリスクは関係ありませんので。

|

« 「デジタル犯罪コンソーシアム」 | トップページ | 情報処理技術者試験の平成21年度秋期試験 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/31811125

この記事へのトラックバック一覧です: 逆転無罪判決でWinny増加:

« 「デジタル犯罪コンソーシアム」 | トップページ | 情報処理技術者試験の平成21年度秋期試験 »