« DDoS攻撃への対応 | トップページ | 「中小企業における情報セキュリティ対策の実施状況等調査」報告書、公開 »

2009年10月28日 (水)

ネット検索で危険な日本の有名人

ITmediaの記事「ネット検索で危険なセレブの日本版、マカフィーが報告」からです。

悪意のあるサイトに行き着きやすい有名人は誰か、という報告です。

 マカフィーは、このほどネット検索で悪質サイトに遭遇する確率が高い「最も危険な日本人セレブ」のランキングを発表した。グラビアなどで活躍する女性タレントや女優が上位を占めたという。

 ランキングのトップはタレントの佐藤江梨子さんで、画像や動画、スクリーンセーバーといった語句と一緒に検索することで、マルウェア感染サイトなどに誘導されてしまう可能性が高かった。2位には女優の京野ことみさんや米倉涼子さん、3位にはタレントの相澤仁美さん、井上和香さん、沢尻エリカさん、松浦亜弥さんがランクインした。男性のトップは福山雅治さんだった。

へぇ、佐藤江梨子ですか。(個人的な感想としては)ちょっと意外・・・

|

« DDoS攻撃への対応 | トップページ | 「中小企業における情報セキュリティ対策の実施状況等調査」報告書、公開 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/31954071

この記事へのトラックバック一覧です: ネット検索で危険な日本の有名人:

« DDoS攻撃への対応 | トップページ | 「中小企業における情報セキュリティ対策の実施状況等調査」報告書、公開 »