« パスワード窃盗ビジネスの実態 | トップページ | ロシアで犯罪アフィリエイトが横行 »

2009年9月28日 (月)

「情報セキュリティ技術動向調査(2009 年上期)」報告書、公開

IPAセキュリティセンターのHPで「情報セキュリティ技術動向調査 タスクグループ報告書 (2009 年上期)」が公開されています。

<目次>
序 2009年上期の技術動向 - 今日のセキュリティエンジニアリングの話題
1 Untrusted search path vulnerability
2 Linuxカーネルのセキュリティ強化機能
3 DNSSEC配備に先立つ米国連邦政府の取り組み
4 DNSSECの普及に関する動向
5 インターネット経路制御のセキュリティ動向
6 大規模感染型マルウェアConfickerの動向調査とダークネット観測事例
7 MUSTANによるダークネット観測事例
8 アイデンティティ管理関連技術OAuthの動向
9 クラウドコンピューティングセキュリティ

2009年の1月から6月に認識された情報セキュリティ関連の技術動向についての報告書です。

個人的には「DNSSEC」「クラウドコンピューティングセキュリティ」あたりに特に関心を持っております。

|

« パスワード窃盗ビジネスの実態 | トップページ | ロシアで犯罪アフィリエイトが横行 »

お役立ちのイベント・資料・書籍・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/31519707

この記事へのトラックバック一覧です: 「情報セキュリティ技術動向調査(2009 年上期)」報告書、公開:

« パスワード窃盗ビジネスの実態 | トップページ | ロシアで犯罪アフィリエイトが横行 »