« 生まれ変わる「Interop Tokyo」 | トップページ | 最も懸念されるセキュリティリスクは従業員 »

2009年8月 7日 (金)

ブルースクリーンを表示するニセソフト

日経ITproの記事「「ブルースクリーンに慌てるな」、壁紙を変更する「偽ソフト」に注意」からです。

よくあるニセセキュリティソフトなのですが、ブルースクリーンに見せかけた壁紙を表示してあわてさせる、という手口のようです。(画像には、英語で「あなたのコンピューターはスパイウエアに感染しています」といった警告メッセージが出るようです)

以前、会社で使用していたノートPCの調子が悪く、何度かブルースクリーンが出たことがあります。
その時は、あわてるというより、ため息が出ましたけど…

|

« 生まれ変わる「Interop Tokyo」 | トップページ | 最も懸念されるセキュリティリスクは従業員 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
その昔、自分で面白がってMicrosoft純正のBlueScreenのスクリーンセーバーを使い、みんながビックリする様子を楽しんでました。
http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb897558.aspx

投稿: すー | 2009年8月11日 (火) 16時43分

>すーさん

ご無沙汰しております。超遅レスで、すいません・・・

>その昔、自分で面白がってMicrosoft純正のBlueScreenのスクリーンセーバーを使い、みんながビックリする様子を楽しんでました。
>http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb897558.aspx

こんなテクがあったのですね、知りませんでした。
今回は、これを読んでいた悪意を持っていた人間のアイディアかもしれませんね。


投稿: Hase | 2009年8月18日 (火) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/30863140

この記事へのトラックバック一覧です: ブルースクリーンを表示するニセソフト:

« 生まれ変わる「Interop Tokyo」 | トップページ | 最も懸念されるセキュリティリスクは従業員 »