« 「情報セキュリティガバナンス導入ガイダンス」公表 | トップページ | 三菱UFJ証券、業務改善報告書を提出 »

2009年7月 6日 (月)

ディザスタリカバリ、4回に1回は失敗

@ITの記事「ディザスタリカバリの復旧作業は4回に1回は失敗」からです。

日本と世界における災害対策(ディザスタリカバリ)に関する調査の結果です。
(2009年5月から6月にかけて実施。全世界1650社(うち日本企業50社)からの回答)
以下、記事からの抜粋。

 これまでに経験したことのある災害の種類では、コンピュータシステムエラーが最も多く日本で88%、グローバルで79%、ウイルスやハッカーなどの外部からの脅威が同78%/71%、停電や電力障害が同68%/59%と続いた。

 ディザスタリカバリ委員会への参加者では、CIO/CTO/ITディレクタが最も多く日本が70%、グローバルも70%だった。2番目に多かったのは、部門または部署のIT管理者で同64%/49%だった。

 また、ディザスタリカバリの予算は、日本において今後6カ月は減少が14%、横ばいが36%、増加するが50%だが、今後12カ月以降は徐々に増えていく傾向になった。

 IT予算に対するディザスタリカバリへの割合は、日本が22.5%、グローバルが30%で、日本がグローバルに比べて低い数値となった。予算の内訳は、ローカルリカバリへのバックアップやアーカイブが一番多く日本で15%、グローバルで20%、ディザスタリカバリ用のバックアップが同10%/15%、継続的なデータ保護が同10%/14%となった。また、ディザスタリカバリにかかる時間は、基幹業務の復旧が日本が6時間、グローバルが3時間、大部分のバックアップと実行が同6時間、4時間、通常業務の100%の回復が同6時間、4時間とすべての項目で、日本はグローバル平均より2時間以上多くかかることが分かった。

 また、ディザスタリカバリのテストに関しては、クリティカルなデータやアプリケーションを目標復旧時間や目標復旧ポイント内に回復できる確率が、日本が77.5%、グローバルが70%となり、日本・グローバルともに3~4回に1回は失敗していることが判明した。失敗の理由は、「担当者が想定どおりに実施できなかった」が一番多く、日本は54%、グローバルが44%、「プロセスが不適切だった」が同50%/36%、「DRサイトのITインフラが十分でなかった」が同46%/29%となった。

 日本と世界との差が、かなりくっきり出た調査結果です。
 残念ながら、DRでも日本は世界から後れをとっていると言えそうです。

|

« 「情報セキュリティガバナンス導入ガイダンス」公表 | トップページ | 三菱UFJ証券、業務改善報告書を提出 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/30420055

この記事へのトラックバック一覧です: ディザスタリカバリ、4回に1回は失敗:

« 「情報セキュリティガバナンス導入ガイダンス」公表 | トップページ | 三菱UFJ証券、業務改善報告書を提出 »