« セキュリティ川柳大賞、決定 | トップページ | ワイヤレス・ネットワークを脅かす新手のDoS攻撃 »

2009年6月15日 (月)

コラム「人的セキュリティと従業員の教育」

u-Kanagawa推進協議会のHPの情報セキュリティコラムで「人的セキュリティと従業員の教育」というタイトルで書かせていただき、先日掲載されました。

とにかく、最近は非技術的な領域も、科学的かつ体系的に分析していこう、というアプローチをしております。
杓子定規なセキュリティから脱するためには、必要かつ重要なアプローチだと思っています。
今回もそうした視点で書いてみました。

そういえば、「そういう視点が、もはや文系出身者とは思えないよね」と先日も言われました。
文系=杓子定規で体系的でない、というイメージは一般的にあるようで。
それより、「文系」「理系」という分類で違う人種、というような見方自体、「もう、やめましょうよ」と、私は言いたいのですけど。

<関連記事・このブログ>
非技術的領域こそ、科学的に・・・

|

« セキュリティ川柳大賞、決定 | トップページ | ワイヤレス・ネットワークを脅かす新手のDoS攻撃 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/30047734

この記事へのトラックバック一覧です: コラム「人的セキュリティと従業員の教育」:

« セキュリティ川柳大賞、決定 | トップページ | ワイヤレス・ネットワークを脅かす新手のDoS攻撃 »