« 中古HDDの34%に機密情報が残る | トップページ | 用済みHDDの処分方法 »

2009年5月12日 (火)

パートナー選定時に情報セキュリティ対策を意識する?

ITproの記事「「ビジネスパートナー選定時に情報セキュリティ対策を意識する」企業は7割超」 からです。

この記事によると、

この調査は,2009年2月11日~16日に,国内企業1755社を対象に,情報セキュリティシステムの導入実態などについて聞いたもの。その中で,「ビジネスパートナーを選定する際に,その企業の情報セキュリティ対策を意識しているか」という質問に対して,「非常に意識している」という回答が24.0%,「やや意識している」が48.8%となり,合計で72.8%を占めた。企業の情報セキュリティ対策への取り組みは,自社の内部統制ばかりでなく,外部の組織とビジネスを進めていくうえでも重要な条件になりつつあるようだ。

とのことなんですが・・・

さて、そうなるといかにして、パートナーの情報セキュリティ対策の評価をするかが重要になってくるのです。
相手の自己宣言?、認証(ISMS、プライバシーマークなど)の取得状況?、・・・
これらで十分でしょうか?

SCM(サプライチェーン管理)、SLA(サービスレベル合意契約)、セキュリティ監査、などが必要なはずなんですけど、なかなか普及しませんね。

|

« 中古HDDの34%に機密情報が残る | トップページ | 用済みHDDの処分方法 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/29567290

この記事へのトラックバック一覧です: パートナー選定時に情報セキュリティ対策を意識する?:

« 中古HDDの34%に機密情報が残る | トップページ | 用済みHDDの処分方法 »