« パートナー選定時に情報セキュリティ対策を意識する? | トップページ | グーグル、ストリートビューで対策 »

2009年5月13日 (水)

用済みHDDの処分方法

ITmediaの記事「用済みPCを安全に処分するには」からです。

この記事によると、HDDからのデータの削除の方法としては、

 「データを消去すればHDDから情報が削除され、特殊なユーティリティソフトやテクニックを用いないかぎり、その情報を読み出すことはできない。しかしこれは、データを永遠に削除するものではなく、コンピュータにそのデータのことを“忘れさせる”だけなのだ。サニタイズというのは、通常のリカバリ方法では絶対に復元できず、研究所レベルのリカバリ手法でも復元がほとんど不可能な程度にまで、メディアから機密データを削除するプロセスだ」

などが示されている。(他には消磁、物理的破壊など)

こういうところでも「サニタイズ」という言葉を使うのですね。
それにしても「通常のリカバリ方法では絶対に復元できず、研究所レベルのリカバリ手法でも復元がほとんど不可能な程度にまで、メディアから機密データを削除」って、具体的にはどうするのでしょう。
それって、アンチフォレンジック技術なんじゃないのでしょうか。

この記事を読んで、そんなところが気になってしまいました・・・

<参考記事・このブログ>
「中古HDDの34%に機密情報が残る」

|

« パートナー選定時に情報セキュリティ対策を意識する? | トップページ | グーグル、ストリートビューで対策 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/29585735

この記事へのトラックバック一覧です: 用済みHDDの処分方法:

« パートナー選定時に情報セキュリティ対策を意識する? | トップページ | グーグル、ストリートビューで対策 »