« タスポが“失敗”した理由 | トップページ | 情報セキュリティどころではない? »

2009年4月28日 (火)

GoogleのCAPTCHAを破る新ワーム

ITmediaの記事「GoogleのCAPTCHAを破る新ワームが現る」からです。

この記事によると、「CAPTCHAを破る新ワーム」とは

 感染したマシンで自動的にInternet Explorer(IE)を開いてGoogleのCAPTCHAを破り、Gmailの新規アカウントを登録してその情報を「clitcommander.110mb.com」というサイトに送り続ける。Gmail側に感染マシンからのアクセスを遮断されると、ワームはその時点で自らを消去する。
 しかし、このマシンのユーザーはアクセスを遮断されているため、以後Gmailアカウントの新規登録ができなくなる。

というものらしい。

「なお、このビデオは自動的に消滅する・・・」なんてセリフを思い出しました。
「やっぱり、ぐるぐる回す新手法(参考記事をご覧ください)でないとダメなのか、それもいつまで通用するのか」などとも考えてしまいました。

<参考記事・このブログ>
「CAPTCHAの新手法」

|

« タスポが“失敗”した理由 | トップページ | 情報セキュリティどころではない? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/29326647

この記事へのトラックバック一覧です: GoogleのCAPTCHAを破る新ワーム:

« タスポが“失敗”した理由 | トップページ | 情報セキュリティどころではない? »