« ATMを狙うマルウェア | トップページ | 「10大脅威 攻撃手法の『多様化』が進む」公開 »

2009年3月24日 (火)

「情報セキュリティ技術動向調査(2008年下期)」

IPAセキュリティセンターから「情報セキュリティ技術動向調査(2008年下期)」が公開されました。

興味深い項目が多いですね、じっくり読んでみたいと思います。(おそらく、来週以降)

目次
序 2008 年下期の技術動向 - 今日のセキュリティエンジニアリングの話題
1 セキュリティ機能の移行技術
2 DNSSEC技術動向
3 SYSLOG技術動向
4 セキュアOSの動向
5 テンポラリファイルの扱い
6 コンピュータウイルスの動向
7 ダークネット観測の技術動向と観測事例
8 IPsec関連技術の標準化動向
9 Resource PKIの動向
10 アイデンティティ管理技術の動向

「2008年下期タスクグループ報告書」

|

« ATMを狙うマルウェア | トップページ | 「10大脅威 攻撃手法の『多様化』が進む」公開 »

お役立ちのイベント・資料・書籍・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/28767790

この記事へのトラックバック一覧です: 「情報セキュリティ技術動向調査(2008年下期)」:

« ATMを狙うマルウェア | トップページ | 「10大脅威 攻撃手法の『多様化』が進む」公開 »