« 改訂CompTIA Security+ 日本語試験、スタート | トップページ | 「6つの人間の脆弱性」 »

2009年2月23日 (月)

「人間の特性 8か条」

2/20(金)の「重要インフラセキュリティフォーラム2009」の「ヒューマンエラーと情報セキュリティ」がテーマのパネルディスカッションで紹介されていました。

高橋秀俊 東京大学名誉教授、慶應義塾大学工学部教授の言葉だそうです。

●人間の特性 8箇条
1. 人間は気まぐれである
2. 人間はなまけものである
3. 人間は不注意である
4. 人間は根気がない
5. 人間は単調を嫌う
6. 人間はのろまである
7. 人間は論理的思考力が弱い
8. 人間は何をするかわかならい

~高橋秀俊, ヒューマン・ファクターと信頼度,コンピュータにおけるヒューマン・インターフェース

活用を考えるにしろ、保護(セキュリティ)を考えるにしろ、人間とコンピュータの特性を理解することは大事だと考えています。
その中の、文字通り「人間の特性」を理解するために、とても参考になる資料です。

<参考URL>
「インタフェース設計論§2 日常物のインタフェースとユーザ中心設計」~高橋秀俊

|

« 改訂CompTIA Security+ 日本語試験、スタート | トップページ | 「6つの人間の脆弱性」 »

お役立ちのイベント・資料・書籍・情報」カテゴリの記事

コメント

あれ。来られてたんですか。僕もいました。午後は2コマで帰りました。

投稿: ag | 2009年2月23日 (月) 22時32分

>agさん

ゆっくりお話できず、残念でした。
また、次のセキュリティイベントなどで、お会いしたらよろしくお願いします。

投稿: Hase | 2009年2月24日 (火) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/28311309

この記事へのトラックバック一覧です: 「人間の特性 8か条」:

« 改訂CompTIA Security+ 日本語試験、スタート | トップページ | 「6つの人間の脆弱性」 »