« 仮想化のリスク | トップページ | 情報セキュリティ対策 中小企業向け指導者育成セミナー »

2009年1月18日 (日)

暗号アルゴリズムの確認制度を導入

ITmediaの記事「迅速な認定を:IPA、暗号アルゴリズムの確認制度を導入」からです。

 情報処理推進機構(IPA)は1月16日、暗号機能を搭載する製品に対する暗号アルゴリズムの実装確認を行う「暗号アルゴリズム確認制度」を導入した。確認書発行までの対応を強化する。

 同制度では、製品ベンダーなどの依頼に基づいて試験機関が実施した暗号アルゴリズムの実装確認の結果をIPAが審査し、確認書を発行する。試験機関では専用ツールを用いて1週間程度で正確性を確認できる。

 IPAでは、2007年4月から暗号モジュールおよび暗号アルゴリズムの試験と認証を行う「JCMVP」制度を導入しているが、実装試験から認証までには数カ月を要していた。このうち、確認制度を独立させることで迅速な対応が可能になるという。

 暗号アルゴリズム確認書発行手数料は、2万1000円となっている。

CC(ISO/IEC 15408)の評価制度に対して、(日本独自の制度として)ST確認・評価制度があります。
今回の「暗号アルゴリズム確認制度」とJCMVPは、それと同じような関係なのですね。

CC、ST、JCMVPと、これらの評価制度があまり普及していないのですが、これがそれを解消するきっかけになるのでしょうか。

<参考(プレス発表)>
暗号モジュール試験及び認証制度における「暗号アルゴリズム確認制度」の追加について

|

« 仮想化のリスク | トップページ | 情報セキュリティ対策 中小企業向け指導者育成セミナー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/27212569

この記事へのトラックバック一覧です: 暗号アルゴリズムの確認制度を導入:

« 仮想化のリスク | トップページ | 情報セキュリティ対策 中小企業向け指導者育成セミナー »