« 共通脆弱性識別子「CVE」 | トップページ | ショートカットに感染、ダイアログを偽造するマルウェア »

2009年1月28日 (水)

「サイバー・セキュリティは優先事項」~オバマ政権

COMPUTERWORLDの記事「サイバー・セキュリティは優先事項」――オバマ政権が明言からです。

オバマ新大統領といえば「BlackBerry問題」で、かなり話題になってましたが「サイバー・セキュリティは優先事項」という方針、計画を打ち出したようです。

この記事によると、

 バラク・オバマ(Barack Obama)政権が、米国のコンピュータ・ネットワーク保護に向けた計画を発表した。それによると、同政権はサイバー・インフラを「戦略的資産」と位置付け、オバマ大統領直属のサイバー担当顧問を任命する予定だという。

 6項目からなる計画の概要は、国土安全保障に対する新政権の姿勢を示したアジェンダの一部として、米国時間1月21日に発表された。上記以外の項目には、次世代のセキュリティ機能をコンピュータに組み込む「安全なコンピュータの研究開発」や、「追跡できないインターネット支払いシステム」を取り締まりサイバー・スパイやサイバー犯罪と闘う計画などが挙がっている。

 さらに、オバマ政権は、データ漏洩の情報公開を企業に求めるための基準策定を目指す。この問題に関しては現在、各州の州法を部分的に適用して対処している状態だ。
 今回発表された計画は、オバマ大統領が2008年7月16日の選挙演説で初めてその概要に触れたサイバー・セキュリティ戦略を反映している。「サイバー・スパイや一般的なサイバー犯罪がすでに増加傾向にあることは、われわれも承知している。中国などはこうした変化をいち早く認識したが、米国はこの8年間消極的な姿勢を貫いてきた。私が大統領になれば、21世紀にふさわしく、サイバー・セキュリティを最優先事項とするつもりだ」――選挙演説の記録によると、オバマ大統領はこのように述べている。

サイバー・インフラは、国の「戦略的資産」という言葉が重たいですね。
国の「戦略的資産」と考えるなら、「サイバー・セキュリティは優先事項」は当然の方針ということになるでしょうね。

|

« 共通脆弱性識別子「CVE」 | トップページ | ショートカットに感染、ダイアログを偽造するマルウェア »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/27512045

この記事へのトラックバック一覧です: 「サイバー・セキュリティは優先事項」~オバマ政権:

« 共通脆弱性識別子「CVE」 | トップページ | ショートカットに感染、ダイアログを偽造するマルウェア »