« 【速報版】2008年上半期 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書(Ver. 1.0)、公開 | トップページ | 「2008セキュリティ十大ニュース」発表 »

2008年12月28日 (日)

マルウェアサイト誕生は4.5秒に1件

ITmediaの記事「Webの脅威が明確に:マルウェアサイト誕生は4.5秒に1件、Sophosが年間リポート」からです。

この記事によると、

 Sophos社の解析センターが検知した新規のマルウェア感染サイトは1日当たり約2万サイトで、4.5秒に1サイトのペースで増加していることが分かった。2007年は平均で14秒に1サイトだった。

 感染サイトの大半は、SQLインジェクション攻撃などによって不正な改ざんを受けた正規サイトで、アクセス数の多い著名なサイトや大手企業サイト、ニュースサイトなどが標的になっていた。また、マルウェアに感染しているとユーザーを脅して個人情報の搾取や金銭を脅し取る偽ウイルス対策ソフトウェアによる感染被害も拡大した。同社の観測では、1日当たり5種類登場し、多い日には20種類以上も登場した。

ということです。

特に「SQLインジェクション攻撃などによって不正な改ざんを受けた正規サイト」が増えています。
ますます「信頼できない正規サイト」が増えているということになります。

|

« 【速報版】2008年上半期 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書(Ver. 1.0)、公開 | トップページ | 「2008セキュリティ十大ニュース」発表 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/26529514

この記事へのトラックバック一覧です: マルウェアサイト誕生は4.5秒に1件:

« 【速報版】2008年上半期 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書(Ver. 1.0)、公開 | トップページ | 「2008セキュリティ十大ニュース」発表 »