« 「情報セキュリティ管理基準 V2」告示 | トップページ | 「偽ソフト」もバージョンアップ »

2008年11月 8日 (土)

WPAも破られた?

ITmediaの記事「無線LAN暗号のWPA、部分クラッキングに成功」からです。

WEPの解読については、このブログでも何度か書いてきました(過去記事をご覧ください)が、今度はWPAです。

この記事は、SANS Internet Storm Centerのニュースサイトからによるものですが、それによると「研究者はWPAに使われているTKIP暗号鍵を破る方法を発見した。辞書攻撃でTKIP鍵を破る方法は以前から報告されていたが、今回は辞書攻撃ではなく、報道によればクラッキングにかかる時間も12~15分と大幅に短縮されたという」

ということで、まだ部分的に解読されたということですが、「無線LANのセキュリティをめぐっては、従来規格のWEPにさまざまな危険性が指摘されてきたが、今回の研究によってWPAの方がいいともいえない状況になってきたとSANSは指摘。今のところWPA2はまだクラッキングされていないため、WEPやWPAを使っている場合はWPA2に切り替えることを勧めている」とのことで、無線LANのセキュリティに大きなインパクトを与えそうなニュースです。

<参考記事(このブログの過去記事)>
「WEPは、いよいよ終わったか」

「WEPを1分足らずでクラック」

|

« 「情報セキュリティ管理基準 V2」告示 | トップページ | 「偽ソフト」もバージョンアップ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/25129133

この記事へのトラックバック一覧です: WPAも破られた?:

« 「情報セキュリティ管理基準 V2」告示 | トップページ | 「偽ソフト」もバージョンアップ »