« 続・WPAも破られた? | トップページ | 知っていればいいという「知識」 »

2008年11月14日 (金)

セキュリティルールは大切だが、便利さを優先

ITmediaの記事「セキュリティルールは大切だが、便利さを優先――Webやメールを使う社員の実態」からです。

 クリアスウィフトは11月12日、50人以上が所属する国内企業の社員1030人を対象に実施したセキュリティ実態調査の結果を発表した。社内ルールの重要性を認識しつつも、制限されたサービスを利用したがる傾向が分かった。

 企業がセキュリティルールで禁止しているサービスでは、「業務に関係しないサイトへのアクセス」(54%)が最多で、以下、「業務情報の書き込みやアップロード」(35%)、「個人情報の送付」(33%)、「Webメール」(26%)だった。職場での電子メールやWeb利用で問題視しているのは、「ウイルス感染」(98%)、「情報漏えい」(97%)、「フィッシング詐欺」(96%)だった。

 利用経験があるのは、「Webメール」(69%)、「掲示板(50%)、「ブログ」(41%)、「オンラインショッピング」(39%)、「ファイル転送サービス」(36%)。また、情報漏えいにつながる可能性のある利用形態では、「電子メールの私的利用」(64%)、「職場でのオンラインショッピング」(39%)、「業務内容を個人アドレスあてに送る」(37%)、「個人情報の送付」(18%)だった。

 回答者の意見では、「Webメールは欠かせない」「仕事のデータを個人アドレスへ送るのは便利」「休憩時間の自由にWebサイトを利用したい」「大容量データの転送サービスは便利」「ブログや掲示板は広告効果がある」といったものだった。

利便性を考慮しない対策というのは実効性が低いし、抜け道も作られやすいんですよね・・・
それに私的利用の禁止やその監視(モニタリング)よりも、実施すべきものが別にある、そういうケースも多いですよね。

以上、私の経験より。

|

« 続・WPAも破られた? | トップページ | 知っていればいいという「知識」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/25304492

この記事へのトラックバック一覧です: セキュリティルールは大切だが、便利さを優先:

« 続・WPAも破られた? | トップページ | 知っていればいいという「知識」 »