« IPA「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版」を公開 | トップページ | ボット専門店の価格表 »

2008年10月23日 (木)

キーボード打鍵時の電磁波で情報漏えい

INTERNET Watchの記事「キーボード打鍵時の電磁波で情報漏えい、スイスの研究者が実証」 からです。

この記事によると、スイスの研究者によって、「キーボードを叩く際に放射される電磁波を傍受することによって、情報が実際に漏えいすることが実験によって証明された」とのこと。

具体的には「キーを打つ際に電子部品からは微弱な電磁波が放射される。この電磁スペクトルを傍受・解析することにより、最大で20メートルの距離から、また隣室で壁によって隔てられていてもキーボードで打った文字を再現できることがわかった」らしいです。

ディスプレイからの電磁放射から情報を読み取れる、ということは以前から知られていましたが、キーボード打鍵時というのは初めてですね。

|

« IPA「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版」を公開 | トップページ | ボット専門店の価格表 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/24664394

この記事へのトラックバック一覧です: キーボード打鍵時の電磁波で情報漏えい :

« IPA「共通キャリア・スキルフレームワーク 第一版」を公開 | トップページ | ボット専門店の価格表 »