« ICT人材不足の要因 | トップページ | 「心当たりのないメール」と言われても… »

2008年9月 4日 (木)

仕事のモチベーション

去る8/29(金)に開催された「CompTIA Breakaway」のパネルディスカッションで、私はパネラーとして登壇いたしました。
パネルディスカッションのお題は「仕事におけるモチベーションの維持 3つのキーワード」でした。

そこで、私が挙げたものとその理由は、以下の通りです。

●Active(能動的、積極的)
与えられるものを待つのではなく、自ら目標を設定し、高いモチベーションやマインドを持って、行動していくべき。また、業務やコミュニティなどにも積極的に参加していくべき。これらの要素とモチベーションは、表裏一体のものであると思う。

●Balance(バランス、最適化)
WLB(ワークライフバランス)、理論と実践のバランス、など。これらのバランスをとりながら、自分のスタイルや環境に合った、最適のスキル・キャリアプランにすること。スキル・キャリアプランも、業務や生活の中にあり、知識やスキルも理論として持っているだけでなく、実践で使えることに意義がある。そうしたバランスの中でモチベーションが形成され、維持される。

●Challenge(挑戦)
いくら、手段や機会が与えられても、それを生かし「目標」を持って、スキルやキャリアを積み上げていこうという「Challenge(挑戦)」の姿勢がなければ、モチベーションの維持もできないし、成果にも結びつかない。チャンスもやってこない。(悪い意味で)守りに入っては、何も生まれてこない。(維持≠保身)

3つのキーワードをABCできれいにまとめてみました。

時々「ちょくちょく、パネルディスカッションに出てますけど、どんなこと話してるんですか」と聞かれます。
ということで、今回は「たまには…」ということで書いてみました。

パネルディスカッションでは、このあといろいろと討論したわけですが、それはここでは書きません。
ご来場された方のみのお楽しみ、ということで。(「えっ、忘れただけじゃないの?」というツッコミが聞こえてきそうですが・・・)

|

« ICT人材不足の要因 | トップページ | 「心当たりのないメール」と言われても… »

プロフェッショナルスキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/23470494

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事のモチベーション:

« ICT人材不足の要因 | トップページ | 「心当たりのないメール」と言われても… »