« ビジネス・コミュニケーション・スキル診断(BCSA) | トップページ | JNSAセキュリティ対策セミナー「セキュリティ事故の傾向と対策としての社内教育」 »

2008年8月 1日 (金)

イチロー、3000本安打達成に思うこと

(私は、元草野球の選手兼監督、MLBファンということで、今回の記事を書いております)

おととい7/30に、シアトルマリナーズのイチロー選手が日米通算3000本安打を達成しました。
その中のコメントで「(3000本安打という結果は)小さいことの積み重ね」というものがありました。

3000本安打(日本プロ野球史上では2人目)ということで、ニュースなどでは「偉業」というような書かれ方をしています。
しかし、その「偉業」という大きな成果も、小さな成果を積み上げた結果だということです。

また、3000本まであと数本と迫った試合で、観客席のファンが「めざせ、3000本安打」というボードを掲げていました。
それをみたイチロー選手が「今の時点で、『めざせ、3000本安打』というのは、寂しすぎる。(どうせ書くなら)『めざせ、4000本安打』にして欲しい」というコメントがありました。(翌日、本当に『めざせ、4000本安打』というボードが掲げられていました)
イチロー選手なら、この4000本安打もきっと達成してくれるでしょう。
※ ちなみに、最多安打は日本では3085本(張本勲)、世界では、4256本(ピート・ローズ)。イチロー選手は、もはやこれを超えるという「目標」、そのような「前人未到」の領域が視界に入っているのでしょう。

高い「目標」を持ち、その達成のために日々研鑽を欠かさず、小さな実績を積み重ね、大きな成果としていく。
まさにイチロー選手は「プロフェッショナル」です。
(私はオリックス時代からのファンであり、200安打達成記念テレカというお宝も、大事に持っていたりします)
私も身を引き締め、目標達成のため、小さな実績を積み重ねていきたいと思います。
そのためにも、日々コツコツとがんばります。

|

« ビジネス・コミュニケーション・スキル診断(BCSA) | トップページ | JNSAセキュリティ対策セミナー「セキュリティ事故の傾向と対策としての社内教育」 »

プロフェッショナルスキル」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「高い「目標」を持ち、その達成のために日々研鑽を欠かさず・・・」身にしみるお言葉です。
目標に向かって頑張らないとですね。
最近暑さのせいか仕事のせいか、気持ちが低迷中...いい刺激になりました!
イチローには大リーグ純粋の3000本(=通算4278本)、そしてそれ以上の大記録に挑んでほしいものです(^-^)

投稿: hase_tetsu | 2008年8月 1日 (金) 08時13分

>hase_tetsuさん

私にはIT業界以外にも刺激を受けている人が多くいます。
そういう方々からも多くのことを学んでいるのだなぁ、と改めて実感しました。

イチロー選手以外の、私が刺激を受けている方々についても、またここで書いてみたいと思います。

投稿: Hase | 2008年8月 1日 (金) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/22671952

この記事へのトラックバック一覧です: イチロー、3000本安打達成に思うこと:

« ビジネス・コミュニケーション・スキル診断(BCSA) | トップページ | JNSAセキュリティ対策セミナー「セキュリティ事故の傾向と対策としての社内教育」 »