« 「正しい」情報セキュリティとは? | トップページ | IPAセキュリティセンターの暗号に関する報告書×2、公開 »

2008年7月26日 (土)

ハードディスクを処分する方法

ZDNetの記事「フォトレポート:ハードディスクを処分する方法」からです。

ハードディスクに限った話ではありませんが、廃棄処分の十分な知識がなく適切な方法で実施されていないことが多いです。
ときどき、講習や講演で話す事例で「あるユーザー企業の女性社員が、ハードディスクやUSBメモリなどを10分間、水につけていた」というものがあります。消磁装置などがなく、さらに物理的に破壊するというには、女性なので力が足りないということでの処分方法だったようです。
確かに水には弱いのですが、この程度では最近のハードディスクやUSBメモリからデータを消去できません。

つまり、「これで処分できているだろう」という思い込みだったわけです。(実際にデータが消えているかどうかの確認はされていませんでした)

※ 不適切な廃棄処分の事例は他にもありますが、ここではこれだけでやめときます。

このような記事(最後は、ちょっとした「オチ」になってますが)を読んで、適切な処分方法を知っておくもいいですね。

|

« 「正しい」情報セキュリティとは? | トップページ | IPAセキュリティセンターの暗号に関する報告書×2、公開 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/22525849

この記事へのトラックバック一覧です: ハードディスクを処分する方法:

« 「正しい」情報セキュリティとは? | トップページ | IPAセキュリティセンターの暗号に関する報告書×2、公開 »