« 「青少年ネット規制法」成立 | トップページ | 「内部統制におけるアイデンティティ管理解説書」公開 »

2008年6月14日 (土)

犯行予告収集サイト「予告.in」公開

ITmediaの記事「犯行予告収集サイト「予告.in」公開 「0億円、2時間で作った」」からです。

「総務相が、ネット上の犯行予告を検知できるソフトの開発費を来年度予算の概算要求に盛り込むと発言した。費用は数億円」という報道を受け、開発者の矢野さとるさんは、犯行予告収集サイトを1人で2時間で構築・公開した。

矢野氏は「総務省が犯罪予告検知のソフトを数億円かけて開発する」との報道を見て,「そんなに費用がかかるはずはない」と考え開発したという。開発時間は2時間程度。Perlなどのオープンソース・ソフトウエアや,無料のWeb APIなどのサービスを利用することで,無料で開発できたという。

 2ちゃんねるの情報は2ちゃんねる検索から取得。タイトルに「殺人予告」「通報」「爆破」「殺す」「殺します」などの単語を含むスレッドを表示する。ブログの情報はブログ検索サイトのテクノラティからTechnorati APIを通して取得し,2ちゃんねると同様に殺人予告を示す単語を含むものを表示。はてなブックマークからも同様に収集する。

 自動収集,またはユーザーから投稿された犯罪予告はメーリング・リストおよびTwitterに自動的に投稿される。メーリング・リストまたはTwitterを購読すれば,集まった犯罪予告を随時受け取ることができる。

個人的には、数億円という開発の予算以上に、「来年度予算の概算要求に盛り込む」という対応が理解できませんが・・・
それに適切な発注ができるかどうかも疑問ですし。

■参考URL
予告.in 
satoru.netの自由帳 
「犯罪予告を2ちゃんねるやブログから自動収集,投稿もできるサイト「予告.in」公開」~日経ITpro

|

« 「青少年ネット規制法」成立 | トップページ | 「内部統制におけるアイデンティティ管理解説書」公開 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98720/21607407

この記事へのトラックバック一覧です: 犯行予告収集サイト「予告.in」公開:

« 「青少年ネット規制法」成立 | トップページ | 「内部統制におけるアイデンティティ管理解説書」公開 »